工業英検2級 設問Ⅲ 2文を1文にまとめる問題 元技術翻訳者の日記 忍者ブログ
近いうちPG/SEに戻ります
スポンサードリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


押してはいけないボタン↓ 
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
最近、工業英検2級 設問Ⅲの勉強をしました。今日はこの設問Ⅲの解き方についてまとめてみます。
※このページは自分の学習のためにまとめたものなので、ご覧になる方は参考程度にしてもらったほうがいいかもしれません。(^^;)

◆工業英検2級 設問Ⅲとは?

設問Ⅲとは、修辞法を使って問題文2文を1文にまとめる問題です。

◆設問Ⅲに単語力は必須!!

やってみて思ったのが、単語力は必須だということです。だいたいの意味がすぐ分からないと2文を1文にまとめようがありません。(全問辞書を引いてたら解答時間がなくなります!)

自分は現在のところ参考書の問題1問につき1つくらいは分からない単語があり、そのことで解けなかった問題が結構ありました。語彙を増やすよう心がけたいです。

◆設問Ⅲの具体的な解き方は?

やってみると、モデル解答どおりに答えを出すのが結構難しいんです。それで、何か法則みたいなものはないのかと思い、問題を分析してみました。

自分の対処法を3つ挙げておくと、
 ①まとめるのによく使われる接続詞や構文を覚えておき、そのどれかに当てはまらないか考える
which(そしてそれは), where(そしてそこで), 分詞構文

although(~だけれども), whereas(~であるのに=while)

so that(それで), result in(~という結果になる), because(~なので)

in addition to(~に加えて=beyond)

including(~を含めて)

but, and
 ②上記①を自分なりに分類してみると下の表になります。 (キーワードや特徴(グレー部分)に当てはまるものがないか考える)
修辞・2文を1文にする問題
 ③それでもダメなら、とりあえず and でつないでおく
  (これは最後の手段です。点もらえないかもです。(^^;))


以上が自分なりのまとめです。やっぱり自分でまとめることで少しは理解が深まったような気がします。

上記を読まれて難しいと思われた方は、設問Ⅲをご自分で分析してまとめてみるのはいかがでしょうか。きっとスッキリすると思いますよ。(^_^)

―参考 「工業英検2級クリア」p.43~53,100~118 興野登(社)日本工業英語協会 2008年
PR

押してはいけないボタン↓ 
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
≪  42  41  40  39  38  37  36  35  34  33  32  ≫
HOME
スポンサードリンク
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  42  41  40  39  38  37  36  35  34  33  32  ≫
HOME
カレンダー

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
人気ブログランキングへ
翻訳ブログ人気ランキングヘ

Wellcome!! You are the
th
visitor!


05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★ 翻訳関係リンク ★
プライバシーポリシー
ブログ内検索
プロフィール
HN:
よしのり
性別:
男性
趣味:
プログラミング・スクーター・図書館へ行くこと・フリーソフト収集(?!)
他 いろいろ!
自己紹介:
残念ながら受けられなかったTOEICと工業英検2級はそのうちまた受けます。今は電気関係の仕事を頑張っています。
自己紹介代わりにこちらもどうぞ。 MUSIC TRACK よしのりのページ
最新コメント
[10/12 アクティブゲーミングメディア]
[06/10 sea]
[06/04 JapanStaff]
[08/18 たらちゃん]
[08/13 通りすがりの翻訳者]
最新トラックバック
パーツいろいろ


どちらが正しいのか!?
答え:Priceless!
な~んちゃって…
忍者ブログ [PR]