ひと通り訳してみましたが 元技術翻訳者の日記 忍者ブログ
近いうちPG/SEに戻ります
スポンサードリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


押してはいけないボタン↓ 
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
最後の最後でちょっとがっかりでした。

Referenceを訳そうと思ったところ、
何と、これまで苦労して探し出した資料が
たくさん載っているではありませんか!!!!

まだ読んでいない資料もあるので、それらに
ある程度目を通してから推敲したほうがよさそうです。

最初に文書にひと通り目を通すって大事なんですね。
(一応ひと通り目は通したつもりですが、
受注の回答をするために、
翻訳できるかどうかしか考えてませんでした。)



それにしても、とりあえず何とか形が出来上がってきて、
よかったです。
本当にぎりぎりでどうなることかと思いました。
今回は推敲の時間が残っただけ良かったと思います。



過去10日くらい休日がなかったです。
(もちろん、普通に寝てはいますが。)
だんだん体の悲鳴があちらこちらで増えてきているので、
目処がついたら少し休もうかと思っています。
PR

押してはいけないボタン↓ 
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
≪  110  109  108  107  106  105  104  103  102  101  100  ≫
HOME
スポンサードリンク
Comment
プレッシャー
仕事で、一部翻訳をやっているものです。私も同じ分野とちょっと別分野の翻訳を目指してますが、まずは、自分の腕試しと日本語の勉強も必要と思い、学校へ申し込もうか考え中です。

仕事では、依頼された内容で、日英同時に文章を作ってます。短いときには、10分以内で提出を依頼されたりするので、他の仕事こなしながらのマルチタスクの中での翻訳は、プレッシャーですが、ある意味、楽しいです。

よしのりさんは、たしか、独学ですよね?すごいですね、トライアルだけで受注なんて、学校に行かなくても、未経験でもやはり、素質があるから、仕事につながってるのかもしれませんね。

たらちゃん 2010/06/28(Mon)13:34:46 編集
Re:プレッシャー
たらちゃんさん、はじめまして。

翻訳学校申し込みをお考えになっているんですね。
翻訳の仕事を続けるとしたら、自分も今からでも
受けたほうが業務効率は上がるんだろうなあと思ってます。

短時間で日英同時に文章を作られるとのこと、
報道関連でしょうか。すごいですね。

程よいプレッシャーはやはり気持ちのいいものですよね。

私は「翻訳の素質」っていうのは多分あまりないと思いますが、
理系出身なので文章の内容のイメージがつきやすいです。
あとはもともとバリバリの直訳&文法重視派なので、
技術系で求められる正確さについては
ある程度は有利なのかなと思っています。

ただその分、自然さとか読みやすさとかで悩んだり、
業界のルールを知らないために苦労してますね。
2010/06/29 19:04
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  110  109  108  107  106  105  104  103  102  101  100  ≫
HOME
カレンダー

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
人気ブログランキングへ
翻訳ブログ人気ランキングヘ

Wellcome!! You are the
th
visitor!


05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★ 翻訳関係リンク ★
プライバシーポリシー
ブログ内検索
プロフィール
HN:
よしのり
性別:
男性
趣味:
プログラミング・スクーター・図書館へ行くこと・フリーソフト収集(?!)
他 いろいろ!
自己紹介:
残念ながら受けられなかったTOEICと工業英検2級はそのうちまた受けます。今は電気関係の仕事を頑張っています。
自己紹介代わりにこちらもどうぞ。 MUSIC TRACK よしのりのページ
最新コメント
[10/12 アクティブゲーミングメディア]
[06/10 sea]
[06/04 JapanStaff]
[08/18 たらちゃん]
[08/13 通りすがりの翻訳者]
最新トラックバック
パーツいろいろ


どちらが正しいのか!?
答え:Priceless!
な~んちゃって…
忍者ブログ [PR]